石巻市優良建設工事施工業者 表彰いただきました( v^-゚)

本年度も石巻市様から表彰頂きました。

「稲井公民館外壁改修工事」での受賞です。

授賞式の面々は昨年も同席させて頂いた方々が多いです。

ご同席の皆様同様、これを励みにさらに研鑽を積みたいと思います。

チームを代表してお褒め頂きましたが、協力会社のみなさま、近隣の皆さま、現場内外でお手伝い頂きましたみなさま、ご協力ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

授賞式でお会いした皆さま、また来年もお会いしましょう!

ありがとうございました!

 


いしまきし・・・治らない言い間違い。

桜田五輪大臣の間違い、たぶん、この言い間違いは何度指摘しても治らないと思います。

思い込んじゃってて修正できない言葉ってありますね。

頭痛薬の「バファリン」を「バッファリン」、

写真の「焼き増し」を「焼き回し」、

「シミュレーション」を「シュミレーション」、

「荻野(おぎの)」を「萩野(はぎの)」、

「二階堂ふみ」を「宮崎あおい」、治らないです。

 

登米の石森町出身の石ノ森章太郎は、もともと「石森」を「石ノ森」に改名したくらいなので、「の」抜きはあり得るとは思いますが、大臣が間違うと他の人も「いしまき だったのか!」と間違いを拡げちゃいます。

「西宮市」は「にしみやし」って覚えてるんですかね・・・?

 

 


追悼 市原悦子。

石巻の中心部へ向かうバイパスの脇に、ど直球のお店があります。

「おふくろの味 いちはら」

のれんには「市原悦子」、

看板には「市原悦子」、

電飾看板には龍の子太郎と母龍。

店名のいきさつはわかりませんが、悦子様、石巻に足跡を残しています。

市原ファンはこのお店に集合!

そして献杯・・・。


石巻市優良建設工事、表彰いただきました(*´∇`*)

7月5日からの大雨で被害を被った皆様、お見舞い申し上げます。

線状降水帯とかいう帯状の雲のせいで数年前にも鬼怒川や渋井川が決壊して大変でしたが、あれは9月でした。

まだまだ油断はできませんので、くれぐれも大雨の時に水路を確認に行ったりせず、大雨の時にはブルーシートや土のうを確認して、と心がけておきたいと思います。

 

さてそんな折、弊社工事が「石巻市優良建設工事」で表彰されました(●´ω`●)ゞ

監督員はじめ、現場をお手伝いいただきました協力会社の皆様、ありがとうございました。

強風やら降雪やらいろいろ悪条件はありましたが、段取りよくそれらに影響されることなく、比較的余裕をもって工事を終えることのできた現場でした。

日本の建設会社の工程管理は世界でも最優秀らしいですが、工程がしっかりしている現場は予算の消化、現場での支払いも予定通りで、効率を気にする協力会社さんの仕事の流れもテンポよく、テンポがよいと仕事も綺麗で品質を重視する発注者さんからは評判が上々です。

発注者さんも、協力会社さんも、弊社も喜べる仕事は技術屋の本懐です。

引き続き精進を重ねたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 


五郎・・・と言う名前

羽生さんは、かつて「はぶ」でしたが、それを上書きする有名人で一気に「はにゅう」になってしまいました。

五郎・・から始まる著名人は今ではそのポーズと共に

「560」になってしまいました。

それまで宮城では「五郎・・」と言えば「568」=「五郎八」。

そう、「いろは姫」でした。

伊達政宗とその正妻、愛姫(めごひめ)の長女にして徳川家康6男の嫁。

ラガーマンに上書きされちゃいました。

五郎八姫の菩提寺は松島の「天麟院」。

五郎八姫がキリシタンだったことが引っ掛かりますがgoogleマップで見てみると、

下のチェックポイントが天麟院、上の大きな本堂を備える寺が瑞巌寺。

その間の円通院のストリートビューラインがはんぱなく密です。

調べてみると、円通院は別名「薔薇寺」。

支倉常長が持ち帰った薔薇を植えた庭園で有名、だそうです。

ワールドカップ→五郎丸→五郎八姫→天麟院→円通院、でブームに・・・

いや、五郎丸→ルーティーン→ダイバダッタ→レインボーマン→インドの山奥で♪→川内康範→森進一

で森進一がきちゃうのかも・・・

ないない!

絶対ないよ!

 

 


| 1/5PAGES | 次のページ>>

PR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>